• BLOG
  • English
twitterfacebook
  • English
  • BLOG
twitterfacebook

「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」へ
新たなゲームが10タイトル追加されました

2020年9月15日
株式会社mediba

株式会社medibaは、auスマートパスプレミアム会員向けにサービスの提供を開始した「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」へ、9月15日(火)より新たなゲームを10タイトル追加いたしました。


■「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」について

「auスマートパスプレミアム クラシックゲーム」は、auスマートパスプレミアム会員であれば、ゲーム内課金もアプリのダウンロードも不要で往年の人気ゲームをお楽しみいただけます。


1.9月15日(火)追加のゲームタイトル

● 忍者じゃじゃ丸くん
メーカー(当時):ジャレコ / (現在):シティコネクション

<概要>
横スクロールのアクションゲーム。忍者「じゃじゃ丸」を操作して、さらわれたさくら姫を救出しよう。ステージは4階構造になっており、移動とジャンプで縦横無尽に駆け回ることができる。ステージを徘徊する妖怪たちをアイテムの手裏剣やトロッコ、ガマパックンなどですべて倒せばステージクリアーだ。

● ワルキューレの冒険 時の鍵の伝説
メーカー(当時):ナムコ/ (現在):バンダイナムコエンターテインメント

<概要>
神の子ワルキューレが、悪の化身ゾウナを倒す冒険へと旅立つアクションRPG。剣や魔法で戦い、謎を解きながらフィールドを進むのだ。魔物を倒して入手する経験点が一定以上のときに宿屋で休めばレベルアップ!ゲーム開始時に設定した星座と血液型によって能力の上がり方が変化する。

● リップルアイランド
メーカー(当時):SUNSOFT/ (現在):SUNSOFT

<概要>
コマンド選択式のアドベンチャーゲーム。小さな島リップルアイランドを部隊に、闇の皇帝ゲロゲールを倒して一攫千金を夢見るカイルの物語。エリアごとに9種のコマンドを駆使して先へ進んでいこう。当時としては珍しいマルチエンディングを採用。はたして真のエンディングを見ることができるか。

● V’ BALL
メーカー(当時):TECHNOS JAPAN / (現在):ARC SYSTEM WORKS

<概要>
当時では珍しいビーチバレーのゲーム。自チームの選手2人を操作するのだが、トスはオートで行ってくれるので、シンプルにレシーブ、スパイク操作に集中できる。スパイク時にボタン連打で出せる「強力なスパイク」が勝利の鍵を握る。まずはアメリカ制覇を達成し、世界で待つ強豪たちの撃破を目指そう。

● 他:ザ・ロードオブキング、マハラジャ、PIZZA POP!、かんしゃく玉なげカン太郎 東海道五十三次、プラズマ・ボール、GOAL!!(全10種)
今後も順次追加を予定しています。


2.対応機種

Android™スマートフォンおよびiPhone


3.動作環境

・以下のOSに対応しています。
Android™ OS :Android™ 8.0以降(推奨ブラウザ:Chrome)
iOS :iOS 11.3以降(推奨ブラウザ:Safari)

・auスマートパスアプリにあるサイドメニュー内の「ゲーム」からお楽しみいただけます。
・プレイ履歴、セーブデータはクラウドで保管(キャッシュクリアによるデータ消去はされません)。
・ブラウザのお気に入り機能やデスクトップ設置のショートカットにより速やかにプレイ開始が可能。
・コントローラはスマートフォンの「縦持ち」「横持ち」いずれも対応。


■(参考)「auスマートパスプレミアム」について

「auスマートパスプレミアム」は、月額499円で、動画、音楽のエンタメコンテンツをはじめ、修理代金サポート、セキュリティアプリ等の使い放題といったサービスを提供中。
臨場感たっぷりに楽しめるVRコンテンツや「au 5G Special Event」でのトークとライブのマルチアングル動画など、5G体験コンテンツを最新機種から発売中の機種まで、様々な機種にて体験いただけます。

※iPhone、Safariは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社の ライセンスにもとづき使用されています。
※Androidは、Google LLC の商標です。
※会社名、各製品名、各作品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

©CITY CONNECTION
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©SUNSOFT
©ARC SYSTTEM WORKS


■株式会社medibaについて(https://www.mediba.jp/)

KDDIグループの一員として2000年に創業。auスマートパスを始め、au関連サービス運営のほか、国内外にて幅広い分野でサービスを展開しています。「ヒトに“HAPPY”を」をミッションとし、心豊かに暮らせる社会の実現に取り組んでいきます。

【本件に関するお問い合せ】
株式会社mediba(メディーバ) 広報担当E-mail: koho@mediba.jp

2020年の一覧に戻る