Engineer

  • アプリ開発の醍醐味は
    ゼロから生み出すこと

    アプリエンジニア

    2020 年入社

これまで携わってきた業務

入社後の配属で『auウェルネス』にジョインし、念願のアプリケーションエンジニアになりました。その中でも担当していたのはAndroidアプリの開発です。保守開発や機能改善、緊急時の対応、リリース後の新規機能の開発なども行ってきました。学生時代は「つくったら終わり」でしたが、仕事の場合はつくり終わった後もよりサービスをよくするための作業が続きます。1年目にアプリ開発の一連の流れを経験できたことで、学びが多かったですし、改めてアプリ開発のおもしろさを感じました。

現在のフィールド

今後のキャリアパス

自分のこだわり

アプリ開発では常にユーザーの視点を意識しています。学生時代から自分でアプリをつくっていたこともあり、ユーザーが使いやすいかどうかは僕の中でとても大事にしていることです。作業に追われてしまうときこそ、初心を忘れずにいたいと思っています。といっても初心だけでは前進できないので、視野が狭くならないように職種を問わず社内の人と積極的に関わるようにもしています。medibaはさまざまな職種の人がいて刺激をもらうことが多いです。

おすすめの書籍・バイブル

『自分は自分、バカはバカ。 他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』(ひろゆき(西村 博之))

同調圧力をスルーする"ひろゆきワールド“が全開の話がとにかく清々しくておもしろいです。タイトルの通り「自分は自分、バカはバカ」という他人の目を気にしすぎず、自由に生きていいというのが彼の考え。読んでいるとスッキリすることがたくさんありますし、その心の持ちようはとても参考になっています。

他のインタビューを見る